【悲報】バトルスピリッツ終了のお知らせ?

こんにちは。

某ネット掲示板ではアルティメットに関する情報が更新されていろいろと騒ぎになっていますね。

そんな話題のQ&Aを見てみましょうか。


Q:ブレイヴは、アルティメットと合体できるの?
A:いいえ、合体できません。


Q:バースト条件が「自分のライフ減少後」の場合、アルティメットによってライフが減らされた後発動することができるの?
A:はい、発動できます。


Q:バースト条件が「相手による自分のスピリット破壊後」の場合、アルティメットの破壊後に発動できるの?
A:いいえ、発動できません。


Q:バースト条件が「相手の『このスピリット/ブレイヴの召喚時』発揮後」の場合、アルティメットの召喚時効果に対して発動できるの?
A:いいえ、発動できません。


Q:バースト条件が「相手のスピリットのアタック後」の場合、アルティメットのアタックに対して発動することができるの?
A:いいえ、発動できません。


…ここまではいい。
分かりきっていたことです。

問題はここから。
Q:【激突】を持つスピリットのアタックは、アルティメットでも必ずブロックしなければいけないの?
A:いいえ、ブロックしなくてもかまいません。
まぁ、激突の扱いは前から凄くふわふわしてるもんね。
早く「相手スピリットは可能であれば必ずブロックしなければならない」に表記を変えろよ。


Q:「白蛇帝アルデウス・ヴァイパー」などの「フィールド」のコアをリザーブに置く効果で、アルティメットのコアをリザーブに置くことはできるの?
A:いいえ、できません。
は?だって「フィールドのコア」でしょ?
なんで装甲も持っていないアルティメットからもコアが外せないの?
別に「スピリット、ネクサス」などカードの種類が明記されているわけじゃないから素直に読めばフィールドのカードからなら種類を問わずコアを外せるはずなんだけど。
それともアルティメットは「フィールドじゃないどこか」にでも召喚されるのかな?ww
これを公式見てない人に説明するの面倒だし、あまりにも不親切だと思う。


Q:「巨蟹武神キャンサード」や「甲樹神ヘラク・ダイナス」の「スピリット2体でなければブロックできない」効果でアタックは、アルティメットでブロックできるの?
A:はい、アルティメットなら1体でブロックできます。この効果はスピリットでブロックするときの条件という裁定になります。
まじか…
これだって「スピリット2体でないとブロックできない」って効果なんだから「スピリットですらないアルティメットはブロックに参加できない」って読むべきじゃない?
それなら「相手はスピリットでブロックするとき2体でなければブロックできない」にエラッタするべきだと思う。
まぁ、新カードを売るために既存のカードをエラッタするのには反対だけど。


とまぁ、本当に意味の分からない、アルティメットを売るためだけの裁定が下されたみたいです。
ちょっとさすがに理解できないので平日時間のあるときにルールナビに凸しようかな。


そんな中でも救われたカードたちが。


Q:「冥府三巨頭ザンデ・ミリオン」や「異海双龍ハスターク」など「○○しなければブロックできない」効果でアタックしたとき、アルティメットは○○せずにブロックできるの?
A:いいえ、スピリット同様に○○しなければブロックできません。
ハス太さんとザンデさんは救われたんだね。
よかったよかった。
で、なんでハス太さんと同じ弾で登場したアルデウスさんだけ殺したの…?


Q:このカードの効果は、再録のときに記述が変わって「相手のスピリットすべてを」という条件がなくなってるんだけど、記述が古い方の「甲蟲武神ギラファ・ランドウ」も、相手のアルティメットを疲労状態でブロックできるの?
A:はい、ブロックできます。古い記述の「甲蟲武神ギラファ・ランドウ」も、新しい記述にあわせます。
「スピリット全てを」という記述がないからアルティメットをブロックできるという裁定。
でもギラファ程度のBPじゃブロックできても意味がないんじゃ…


とりあえずキャンサードとアルデウス、バァラルの裁定が納得いかない。
え?ヘラク・ダイナス?あぁ、そんなのもいたなぁ…ww


そんなこんなで既存のカードはアルティメットに太刀打ちできません。
これからは「バトルスピリッツ」が終了して既存のスピリットを餌にして召喚されたアルティメットがただひたすら殴りあう「バトルアルティメッツ」になるんだね。
さすがにそれは冗談にしても、この状態は既存のビートダウンやコントロールからしたらきつ過ぎる。
特に疲労が効かずに、バルカンストアタ北斗を失って最後の希望だったキャンサードまでアルティメットに太刀打ちできなかった緑さんが息をしていないと思うの。
なんか公式に「アルティメットを使え!!」って強制されてるみたいで非常に不愉快だからしばらくはアルティメットを使わずにビートダウンもコントロールも使わない方向で行こうと思う=「デッキ破壊やループで行きます」の意。

新弾で「アルティメット及びスピリット」を除去できるカードが出たらまたコントロールを使うかも。
あくまで「アルティメット及びスピリット」であって「アルティメット」だけを除去するカードじゃ困る。

本当に「バトルスピリッツ」が「バトルアルティメッツ」にならないか不安で一睡も出来ないkengoでした←割とマジですww

アルティメット・・・?

こんにちは。
今回は新カードアルティメットに関するお話です。

アルティメットに関しては皆さんご存知でしょうが、次のシリーズで追加される新しいカードカテゴリーですね。
いきなり後ろ向きですが、kengoはこのカード嫌いです。


アルティメットトリガーという新効果ですが、DMのガチンコジャッジのようにデッキトップをめくって出たカードのコストが効果を発動したアルティメットのコスト以下なら特殊な追加効果を発揮するというものみたいですね。
この効果はなんだか運の要素が強くなる気がして好きではないです。

さらにLv4からスタートでBPも強力。

そしてなにより問題なのは「スピリットではなくアルティメットなのでスピリットを対象にした効果を受け付けない」ということ。
現状除去できる手段は非常に少ないです。
kengoみたいにコントロールを使っている人間にとっては死活問題。

できればアルティメットを使いたくない人でもしっかりと勝てるようにゲームを作って欲しいのですが、どうなることやら…
正直あまりにも酷いようだったらバトスピを引退するかも知れません。


そもそも今更新しいカテゴリーを増やす必要はあったのか?
リメイクスピリット?大歓迎ですよ!!
アルティメットジークフリード?アルティメットオーディーン?カッコいいです。
アルティメットジークヴルムノヴァが出るといいな!!

でもカードカテゴリー<アルティメット>って売るために本当に必要だったの?
系統<新生>を持つスピリットとしてのリメイクではいけなかったの?

なんだかGWみたいになりそうで非常に不安です。
サーチ要素がなく、比較的自由度や競技性の高いTCGということで性に合っていたのでバトスピを続けていましたが今回はマジでヤバイかも知れません。

もう本当に公式にはしっかりとした環境作りをして欲しいです。
これでダブルシンボルのアルティメットなんか出た日にはバトスピも終わりかな…


と、まぁダラダラと愚痴を書きましたが、新カード<アルティメット>。
調整の仕方さえ間違えなければいい方向に持っていけると思います。
とりあえずアルティメット及びスピリットを除去できるカードを出して欲しいですね。

基本的に保守派なので新しい物を受け入れるのに時間の掛かる人間ですが、順応できるように頑張っていこうと思います。

新制限について考察してみる。

こんにちは。
昨日のMAXで新制限が発表されましたね。

新しく追加されたものとしては

禁止
インビジブルクローク

制限
森羅龍樹リーフ・シードラ
ストームアタック
双光気弾
バルカン・アームズ
騎士王蛇ペンドラゴン
北斗七星龍ジーク・アポロ・ドラゴン


上記が新制限追加カードになります。
以下考察へ…


<インビジブルクローク>
kengoが一番嫌いなカード。
ただ、白などのロックデッキに対してそこそこの効果があったのも事実なので、環境から消えることでどこまで環境が変わるのかが気になります。


<森羅龍樹リーフ・シードラ>
今更制限するほどか?と思いますが、マジックが使えない貫通+ダブルシンボルが強いのは確かなので規制自体はアリだと思います。
ただ、こいつがダメでヒドラが許される理由はよく分かりませんが…


<ストームアタック>
某大型掲示板でも「規制されるだろ」「規制されろ」と言われていましたね。
さすがに疲労を飛ばしながら回復するにはコストが軽すぎました。
6コスト2軽減くらいだったら許されたかもね。



<双光気弾>
そんなに目立った悪さはしていませんが、3コストでドロー、ブレイヴ破壊、ネクサス破壊が出来るのは便利すぎましたね。
kengoも何度こいつに泣かされたことか…ww



<バルカン・アームズ>
むしろなんで今まで許されてきたのか。
召喚時にストームドローを打てて兎と蟹に合体できる、シンボル有りの5000パンプブレイヴなんてもっと早くに規制するべきだったでしょう。
タマムッシュなんかよりこちらを規制するべきだったと思います。



<騎士王蛇ペンドラゴン>
様々なデッキに入る除去カード。
確かに強力だし、大型スピリットを召喚するときは大体こいつの存在を意識します。
こちらも今更感がありますが、規制自体には大いに賛成です。
これでレイザウラーを出すときにビクビクしなくて済むね!!ww



<北斗七星龍ジーク・アポロ・ドラゴン>
こちらが今回1番の謎規制。
確かにブレヴ踏み倒しで1ドローは非常に強力ですが、規制するほどかと。
抜刀を売りたいのかも知れませんが、抜刀には抜刀の良さがあって上手いこと住み分けは出来ていた気がするんですけどねぇ…
まぁ、kengo的には規制されても一向に構わないのですが。



というわけで、今回は割りと納得の行く制限だったとおもいます。

ただ<バルカンアームズ><ペンドラゴン><北斗><ストームアタック>を失った緑がこれからどう戦っていくのかが非常に気になりますね。
次のアルティメット(こちらについては別記事で書きますね)もありますし、環境がどう変わるのかがとても楽しみです。

来年こそは!!

こんにちは。
今日はバトスピMAXでしたね。
皆さん結果は如何だったでしょう?

ちなみにKengoの成果は以下のように…
DSC_0208.jpg


ガンスリやチームバトルでお祭りを満喫してきましたが、持ち込んだデッキがアレ過ぎて20勝止まり…ww
とりあえず実用性、値段ともにマナカより上であろうケイを2枚と前から欲しかったブレイドラスリーブ。
おまけのボンバーハンマーをいただいてきました。

物販も最後に行ってリミテッドパックだけ購入。
実用性でいうとウスバハヤテ>ミッドナイトソーラー>シャイニングオブダークの順でしょうか。
ただ、個人的に<ミッドナイトソーラー>が使いたいです。
イラストかっこいいし、ネガナインを入れたぬるぬるなんかで使ったら少し面白いかな?なんて…

そして謎パックの中身はやはりというか<アルティメットジークフリード>。
なんとイラスト右にでかでかと「9月14日解禁!!」と箔押ししてあります。
ダサすぎだろ…ww


今回は公式の運営も多少マシになった気がしますし、なによりCSではないのでガンスリのピリピリした空気がなく対戦相手の方々と楽しくお話しながらいい雰囲気でバトルできたことが楽しかったです。


そして、ガンスリ終了後ステージへ。
丁度優勝者の表彰が行われていたので見に行ったのですが、ヒーローカップの優勝者が某有名ブロガー様でびっくり。
Kengoは関東CSのエリア代表決定トーナメントでこの方に負けていたので、なんだか嬉しくなってしまいましたww

そして、ステージでトロフィーをもらうチャンピオンの姿を見て「来年こそは自分があそこに立ってやるんだ!!」と強く思いました。
まぁ、実際全国チャンピオンなんて一朝一夕なれるものでもないのでとりあえずは「ガンスリorギャラクシーカップエリア代表決定トーナメント出場」を目標に今年一年やっていこうと思います。


そんなこんなでバトスピに対するモチベーションも非常にあがったので、次回からSBの戦績記録を再開します。
こんなブログですが、これからもよろしくお願いします。。。

スタライト・ブレイカー!!

昨日友人がくれたのでようやく聞きました。
ノヴァ、かっこよかったです。

「星星の光のごとく、わが肉体を解き放て・・・ ラストマジック、スターライト・ブレイカー!!」
「勝利など要らない!!何度も言わせるな!!」

鳥肌立ちましたww

スターライト・ブレイカー、カード化してくれないですかねぇ。
6(3)
フラッシュ:自分フィールド上の<超神星龍ジークヴルム・ノヴァ>1体を破壊することで相手のスピリット1体を破壊する。

とか
8(3)
フラッシュ:自分の<超神星龍ジークヴルム・ノヴァ>1体を破壊することでお互いのフィールド上の全てのスピリットを破壊する。

とか?
とりあえず友人が一緒にクシナをくれたのでノヴァデッキを作ります。
ウェハース版3枚集めないと…